20歳女、自分探しで旅行や転職など試して新しい自分発見

40代、専業主婦です。
20代の頃正社員で働いていた仕事がにんげなどでイヤになりやめました。
その頃、何もしたくなくなり、全部が本当に嫌になっていました。
自暴自棄とまでは、言いませんが近かったように思います。
周りはきちんと仕事した。自分の好きなことがあったりして毎日楽しくしているように見えました。
自分だけが一人したいことも分からず毎日ただ過ごしていることが不安に思えました。
なので、自分のしたいこと、できること何でもいいから探してみよう、と思い立ちました。
自分がしたことがなかったようなことをしようと、一人で旅行してみたり。
あと、勉強してみたりしました。
したことがなかったことをしたら新しいなにかが見えそうな気がしていました。
とにかくあの頃は、思いつくことをいろいろしてみました。
医療系の免許を取りに行ったり、新しい仕事をすれば変われるかもしれないと仕事探しもしたりしました。
この頃仕事は、いろんなところを受けてみましたが、ビックリするほど受からなくてすごくへこんでいました。
新しい自分を見つけたくて、仕事も変えようと思っていたのに受からないし、いろいろ新しいことにチャレンジしてもどれもしっくりくるものがありませんでした。
ただ仕事をしていなかったことで、すごく自分のことをきちんと考える時間はたくさんありました。
取り柄などもなかったのですが、自分を見つめ直すとなんでも真面目にやりとおすことや、簡単に投げ出さないなど自分にもいいところがあることに気付けました。
きちんとしを見つめ直すのもとても大切なことだと思います。
そう言う時間を持つのも長い人生のなかで必要なことだったように思います。
その時間があったことで、また自分がやりたいことについてきちんと考えることが出来ました。
なので、一度立ち止まってゆっくりこの先の人生について考えてみるのも大事です。
あわただしく毎日過ごしていると、ふとすごく疲れてしまったりしてしまうので少し休憩するのも悪くないと思います。