39歳 男性 人に救われることで自分がわかることもある 

・軽く自己紹介
39歳男性。現在在宅ワークが主な収入源です。

・行動した経緯や時期
自分は猪突猛進タイプなので思ったことがあればまず行動、すぐ行動がモットー。

オンラインゲームで仲良くなった女性がいた。インすれば話がはずむ。
お互い時間を忘れて一緒に遊んだりしていた。そのうち自然な流れでボイスチャットもするようになった。
1年くらいはそういう時間が過ぎただろうか、その時自分は仕事もうまくいかず鬱になり社会復帰に
あぐねいていた頃。そういった身の上も相談したりしていると相手からの金銭と物資のリアル援助。

感謝の気持ちでいっぱいだった。付き合いも長かったため好意ももちろんあった。
このまま自分の殻に閉じこもっていても仕方ないと思い一念発起。猪突猛進すぐ行動。
まず告白、幸いなことにOKを頂きその後すぐに彼女の住んでいる県で仕事探し。
工場の期間従業員募集は大抵どこの県でもあるので寮付きのものを探し面接、採用、入寮、仕事。

・その時の心情
もう突っ走ることしか頭になかった(彼女に会いに行きたい、など)ため
ものすごいやる気に満ち溢れていたことは今でもよく覚えている。
初対面の時は駅の入り口だったにもかかわらず抱きしめてしまった。今思うとすごく恥ずかしい。

・後悔していること
今も彼女とは続いている。が仕事は現状うまくいっておらず迷惑をかけている日々が続く。
もっとちゃんと、自分が考えて行動していたらどうなったんだろうか?
あの時こうしていれば、などたらればは毎日後を絶たない位でてくる。
こういうときいつも自分の性格がキライになる。

・みている人にアドバイスがあるとしたら
何事もよく考えてから行動しよう。あとからでは遅すぎることは多々あるので。
やってから考える、よりやる前に色々想像、妄想して最善の、そして最悪の結果は考えていたほうが
精神的にラクになるかと思う。
まずはやる前に考えよう、そして考えたことを
「行動に移そう」
行動に移すのが一番大事。もし失敗したならそこから学べばいい。